株式会社を作るとき、電子定款で印紙税4万円が無料!消費税対策も検討を!

外国人の起業

皆さんこんにちは!福岡 外国人申請アシストセンの小金丸です。

 

先日は、外国人の方の会社設立のため、大分県中津市の公証役場へ、定款の認証に、行ってまいりました。

 

株式会社を設立する際のステップは

①会社の基本事項を決める。②定款を作成する。③公証役場で定款を認証する。④資本金を振り込む。⑤法人設立登記をする。

という手順があります。

 

印紙代4万円節約!

 

今回は、③の公証役場で定款の認証をする。をしてきたわけですが、

通常、紙の定款認証をすると、印紙税が4万円発生します。

公証役場の定款認証代5万円+印紙税4万円+謄本代(1500円~2000円程度)が発生します。

ところが、私共のように行政書士で、電子認証ソフトを所有していれば、電子定款なので印紙代4万円が不要です。

 

たかが、4万円ですが、その4万円を新たなビジネスに役立てた方が良いですよね!

 

 

最大2年間の消費税免除機関

 

また、新設法人は一定の要件を満たせば最大2年間消費税の免除期間があります。

現在、消費税は8%です。年間の課税売上高の8%って大きいですよね?

 

例えば、会社の資本金が1千万円以上にすると、初年度から消費税の納入義務が生じますが、

1千万円以上という要件なので、999,999円でも良いです。

 

他には、特定期間内(設立から6カ月)の課税売上高、又は支払った給与額がが1000万円以下という要件もあります。

 

『売り上げが1千万円超えたら、消費税払わなきゃ』と誤解してる方が多いのですが

ここのポイントは、事業者が、課税売上高か、給与額か選べるということです。

 

新設法人の場合、6カ月で売り上げが1千万超えても、給与額なら6カ月で1千万以下にできる!って方は多いかと思います。

 

福岡 外国人申請アシストセンーは

お客様が『知っていればそうしたのに…』といった事の無いように、皆様のビジネスをアシストしていきます!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

最新のニュース&コラム
ビザアシストの全国展開・次世代 ~外国人との共生~
登録支援機関に登録されました!
2019年4月外国人関連の報道記事
「特定技能」登録支援機関の申請サポートを開始しました!
「東経情報」に掲載されました
「特定技能」をめぐり、フィリピン労働雇用省がガイドライン公表
2019年3月の外国人関連の報道記事
2019年3月19日(火) 北九州市主催の「外国人材採用・受入れセミナー」で講師を務めます
2019年1月・2月のお問合せ一覧
2019年2月26日(火)「外国人財活用セミナー」で講師を務めます
カテゴリ
代表者ブログ(1)
特定技能(3)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(11)
技能実習(9)
お知らせ(16)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(27)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(11)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)