難しい帰化申請は私たちにお任せを!!

帰化申請

確実に帰化許可を取りたい」「書類を集めるのが面倒で時間もない

わからないところがある」という方は、私たち行政書士にお任せ下さい。
行政書士に依頼される場合の手続きについて示します。

 

①  当事務所に予約

本サイトのメールフォームまたはお電話でご連絡下さい。
メールの場合は、翌日までに相談可能な日時を返信します。
お電話の場合は、休日を含めて、午前8時から午後10時まで受付は可能です。
つながらない場合は、こちらから、翌日までにお電話します。

 

②  当事務所での初回打合せ・契約

まずは、帰化が可能な状態かどうかをお聞きして回答します。
初回のご相談は無料で行います。
帰化の可能性がある場合は、当事務所のサービス内容や費用について説明します。
業務を請け負うための契約書を用意しておりますので、その場での契約も可能です。
契約を結んだ場合は、用意して頂く書類などについて説明致します。
 *その日に契約しない場合は、必要書類などの説明は契約後になります
 *契約の有無にかかわらず、着手金を含めた見積書を提示します。

 

③  当事務所への依頼・着手金のお支払い

着手金のお支払いが確認された後に、当事務所は、必要書類の収集

帰化申請書の作成に着手します。
一部の書類の作成や書類の入手に関して依頼者にお願いします。

 

④  法務局への申請

書類の準備ができましたら、本人と行政書士で法務局に申請に行きます。
帰化申請は本人申請が原則ですので、法務局によっては、

行政書士の同席を認めない場合があります。

その際は、申請の際の方法については事前に説明します。
なお、場合によっては、追加資料の要求があり、再度申請を行うこともあります。

 

⑤ 面接日時の連絡と面接

受理から約2~3ヶ月後に、法務局から電話が入り、面接の日時の調整を行います。
面接は、申請の場合と違い、行政書士は同席することはできなく、本人だけで受けます。
なお、面接の前に、面接での注意点についてアドバイスを行います。
面接は、1時間くらいで、基本的には申請書の内容が確認されます。
結婚している方は、配偶者も来るように指示されることがあり、その場合は、

個別の面接と夫婦一緒に面接がなされる可能性が高いです。

 

⑥ 法務局での審査

審査期間中に、法務局から本人に対して質問追加書類の要求が来る場合があり、

きちんと対応する必要があります。
この場合は、一人で対応することなく、私たちにご相談願います
また、自宅や、勤務先に法務局の審査官が確認に来られる場合もありますので、

申請時の書類は、正確な記載が求められます。

 

⑦ 法務省からの許可

法務局の担当者から電話連絡があり、帰化の許可は官報に掲載されます。
通常、申請書の受付から、10ヶ月から1年で結果が判明します。

 

帰化申請は、本人のこれからの人生において重要なイベントになります。

日本国籍を取得する(日本人になる)申請ですので、書類の不備や記載の間違いがあると

何度も追加資料を提出したり、場合によっては申請を諦めることもあります。

行政書士に依頼したからといって、法務局での審査期間が短くなることはありませんが、
申請前の準備期間(必要書類の収集、申請書の作成)を大幅に短縮することができ、

また、申請書の間違いも少ないので、ぜひ、私たち専門家にご依頼下さい。

最新のニュース&コラム
特定技能ビザ申請・登録支援機関のサービス、報酬額について
ビザアシストの全国展開・次世代 ~外国人との共生~
登録支援機関に登録されました!
2019年4月外国人関連の報道記事
「特定技能」登録支援機関の申請サポートを開始しました!
「東経情報」に掲載されました
「特定技能」をめぐり、フィリピン労働雇用省がガイドライン公表
2019年3月の外国人関連の報道記事
2019年3月19日(火) 北九州市主催の「外国人材採用・受入れセミナー」で講師を務めます
2019年1月・2月のお問合せ一覧
カテゴリ
代表者ブログ(1)
特定技能(4)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(11)
技能実習(9)
お知らせ(16)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(27)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(11)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)