業務フロー・料金

業務フロー

一般的な業務の流れを説明します。

申請の種類やお客様のご都合などにより異なる場合があります。

 

※帰化申請は、入国管理局ではなく「法務局」になりますので、こちらをご覧ください

 

 

  • 1. お問い合わせ

    メールフォームまたはお電話(093-482-4121)でご連絡下さい。
    メールの場合は、翌日までに相談可能な日時を返信いたします。
    お電話の場合は、午前9時から午後18時までは受付可能です。

    夜間・休日・不在時は093-873-9120(土日祝日可能)までお願いします。

    ※留守番電話にお名前・連絡先を残していただければ、こちらから翌日までにお電話します。

  • 2. 当事務所との初回お打合せ・契約

    • お打合せは、ご指定の場所にお伺いします。当事務所でも可能です。
    • 初回のご相談は無料で行います。※2回目以降は『30分あたり5千円』になります。
    • まずはご依頼内容をお聞きし、今後の進め方について説明します。
    • 申請できる場合は、当事務所のサービス内容や費用について説明します。
    • 業務を請け負うための契約書をご用意していますので、その場での契約も可能です。
      ※契約の有無にかかわらず、着手金を含めたお見積書を提示します。
    • 着手金が必要な場合は、着手金のお支払いが確認された後に業務に着手します。
  • 3. 必要書類の準備

    準備して頂く『書類リスト』をお渡し、ご説明しますので収集をお願いします。

    ※当事務所で収集可能なものは、こちらで行います。

  • 4. 書類の作成・申請準備

    当事務所が申請に必要な書類の作成を行います。

    ※申請の前にお客様の署名・捺印をいただきます。

  • 5. 入国管理局への申請

    お客様に代わって「申請取次」の資格のある行政書士が申請します。

  • 6. 入国管理局での審査

    場合によっては、追加資料の提出を要求される場合があります。この場合、要求内容を確認して、資料の作成を行います。

    ※お客様に追加資料をお願いすることもあります。

  • 7. 受取

    • 結果が通知されます。
    • 許可になりましたら、入国管理局で手続きを行います。
    • 残金がある場合はお支払いをして頂きます。
    • お客様に認定証明書や変更後の在留カードをお渡しに伺います。

 

 

料金表

申請手続き代行費用

項目 料金(税別)
在留資格認定証明書交付申請 10万円〜(経営管理ビザ以外) 着手金:5万円〜
20万円〜(経営管理ビザ) 着手金:10万円〜
在留期間更新許可申請* 10万円〜(変更を伴う場合) 着手金:5万円〜
5万円〜(変更を伴わない場合)  
在留資格変更許可申請* 10万円〜(経営管理ビザ以外) 着手金:5万円〜
20万円〜(経営管理ビザ) 着手金:10万円〜
再入国許可申請* 2万円〜  
資格外活動許可申請 2万円〜  
就労資格証明書交付申請* 5万円〜  
永住許可申請 12万円〜 着手金:6万円〜
帰化申請支援 20万円〜 着手金:10万円〜
相談(電話・メール・面談) 初回無料(30分)
2回目以降:30分あたり5千円 ※依頼の場合は除く

※提携している行政書士の申請手数料を含みます。

*印の項目は、別途印紙代がかかります。下記をご確認ください。

 

印紙代

項目 料金(税別)
就労資格証明書交付申請 900円
在留期間更新許可申請 4,000円
在留資格変更許可申請 4,000円
再入国許可申請 1回限り:3,000円
数次許可:6,000円

 

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)