留学生採用企業の声

就労ビザ申請

こんにちは、福岡外国人ビザ申請サポートセンターの小金丸です。

 

先日、外国人留学生を採用した企業の方々とお会いする機会があり、その際にお聞かせいただいたお話を紹介します。

 

◎不動産業 

14名の外国人を採用。中国からの顧客の対応の為に対応できる人材として採用。

採用に当たっては、人柄、誠実さ、行動力、即戦力を重視して採用した。

日本の文化を取り入れようとするまでは辛抱が大事。企業側も外国人だからという理由で偏見をもたず

コミュニケーションをとる事が大切だと思う。

 

◎製造業

10名の留学生を正社員雇用。

以前は外国人の離職率が高かった。

主な原因としては、想像していた仕事と違うというミスマッチ、

人間関係、転職してキャリアアップしたい、帰国するなど。

そこで、意見を取り入れ配属先を決めるようにした。

また、資格取得報奨制度を設けるなどして、人材の定着に取り組んでいる。

 

◎飲食業 

11名の留学生を正社員採用。

一人一人のモチバーションが高く、社内が活気づいた。

親元を離れているので、寂しくならないように外国人社員を定期的に集めて切磋琢磨し合う機会を設けている。

 

◎製造業

日本人の労働人口が減少している為、外国人採用を取り入れた。

新人研修は、日本人と同様に行っていたが、語学理解度や慣習により弊害があり、今年から外国人社員に特化した研修を行う。

特に日本語レベルの引き上げに取り組んでいる。

 

などのお声をお聴かせいただきました。

外国人を採用するにあたり、偏見を持ったり、待遇面で日本人と差別しないことや、しっかりとコミュニケーションをとることが就業を定着させ、企業と外国人社員にとって良い関係になるのではないかと感じました。

 

 

我々が、そのお手伝いをさせていただければ幸いです。

 

お問い合わせはこちら↓

 

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)