留学生の不法就労が増加!?

その他

留学生の不法就労が増加!?「便利屋扱い」

平成29年12月25日(月)の読売新聞朝刊によると、留学生に認められた法定の労働時間(週28時間以内)を超えて働くケースが増えているという。

 

留学生が複数のアルバイトを掛け持ちした場合、入管当局や雇用主側がトータルの労働時間を把握することは難しく、摘発は「氷山の一角」とみている。

 

摘発された留学生の大半が日本語学校の在籍者で、授業にほとんど出席せずに働いてたケースが多いという。

 

法務省が留学生への在留資格認定審査を厳格化!?

法務省は、対策として今年の7月以降、不法就労の目立つベトナム、中国、ネパール、ミャンマー、スリランカの5カ国を対象に、日本語学校に入学する留学生への在留資格の認定審査を厳格化するとのこと。

 

今後は在留資格「留学」については新規の在留資格認定のみならず、更新の際も厳しい審査になるものと予想されます。

 

 

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171225-OYT1T50007.html(読売新聞HP)

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)