株式会社を作るとき、電子定款で印紙税4万円が無料!消費税対策も検討を!

外国人の起業

 

先日は、外国人の方の会社設立のため、大分県中津市の公証役場へ、定款の認証に、行ってまいりました。

 

株式会社を設立する際のステップは

①会社の基本事項を決める。②定款を作成する。③公証役場で定款を認証する。④資本金を振り込む。⑤法人設立登記をする。

という手順があります。

 

印紙代4万円節約!

 

今回は、③の公証役場で定款の認証をする。をしてきたわけですが、

通常、紙の定款認証をすると、印紙税が4万円発生します。

公証役場の定款認証代5万円+印紙税4万円+謄本代(1500円~2000円程度)が発生します。

ところが、私共のように行政書士で、電子認証ソフトを所有していれば、電子定款なので印紙代4万円が不要です。

 

たかが、4万円ですが、その4万円を新たなビジネスに役立てた方が良いですよね!

 

 

最大2年間の消費税免除機関

 

また、新設法人は一定の要件を満たせば最大2年間消費税の免除期間があります。

現在、消費税は8%です。年間の課税売上高の8%って大きいですよね?

 

例えば、会社の資本金が1千万円以上にすると、初年度から消費税の納入義務が生じますが、

1千万円以上という要件なので、999,999円でも良いです。

 

他には、特定期間内(設立から6カ月)の課税売上高、又は支払った給与額がが1000万円以下という要件もあります。

 

『売り上げが1千万円超えたら、消費税払わなきゃ』と誤解してる方が多いのですが

ここのポイントは、事業者が、課税売上高か、給与額か選べるということです。

 

新設法人の場合、6カ月で売り上げが1千万超えても、給与額なら6カ月で1千万以下にできる!って方は多いかと思います。

 

福岡 外国人申請アシストセンーは

お客様が『知っていればそうしたのに…』といった事の無いように、皆様のビジネスをアシストしていきます!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

最新のニュース&コラム
日本語の学習:支援アプリ配信~立命館アジア太平洋大学~
●★ アシスト国際事業協同組合:設立 ★●
特定技能取得へ、在日外国人を支援の動き
在留資格持つ外国人:再入国制限・9月全面緩和
海外の高度人材の受入れ
「特定技能」制度の進捗状況(2020年6月末時点)
在留資格を有する外国人の再入国について
外国人在留支援センターの開設
外国人増加率:九州・沖縄高い伸び
海外との往来の再開は?
カテゴリ
留学生(5)
入管白書から(10)
代表者ブログ(12)
特定技能(10)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(16)
技能実習(11)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(30)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(12)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)