熊本県、当初予算案に2500万円計上 被災農業復興に外国人活用(産経ニュース)

 

先日、熊本県が農業における人材不足解消のため、外国人の受け入れを行う「国家戦略特区」を目指す規制改革案を内閣府へ提出しました。

 

http://www.sankei.com/region/news/180215/rgn1802150003-n1.html

 

受け入れ可能な人材は、「技能実習生」です。

実際に働くには、外国における送り出し機関で受入れ企業の面接、事前の日本語研修が必要な場合が多い思います。また、事業協同組合などの受入れ機関において、日本の習慣や、生活上のマナーを教えることや、来日後は受け入れ企業においても研修が必要ではないでしょうか。

 

外国人の技能実習生に、熊本の農業復興の為に働きながら、日本の農業技術を学んで、帰国後は、母国で役立ててもらいたいですね。熊本県の少しでも早い震災復興を願います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

関連記事はありません

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)