外国人の自治体職員、活躍の場広く 政府が在留資格で複数業種を許可へ

就労ビザ申請

 

政府は、外国人の自治体職員が、複数の職につくことができる在留資格の創設に取り組むようです。

 

現在、自治体で働く外国人の方は自身の在留ビザ以外の職業で働く場合、事前に就労場所や、就労条件などを、入国管理局に資格外活動許可の申請をして、許可を得ることで働くことが出来るのですが、今後、事前に許可を得ることにより、就労場所などを限定されない包括的な許可が認められる動きになりまそうです。

例えば、小学校で、英語を教えている外国人の職員の場合、受け持ちの学校のクラス以外でも、学習塾や、学童保育で英語を教えることが出来るのではないかと考えられます。

 

訪日外国人が増加するなか、行政サービスにおいて通訳・翻訳のニーズも増加する傾向にあるのでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33108680Y8A710C1EE8000/

最新のニュース&コラム
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
新年度に向けた外国人材活用に関する動き(2)
入管白書(2021ー8)~外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策~
外国人留学生・コロナの影響で減少が顕著
入管白書(2021ー7)~身分系の在留外国人の国別内訳~
新年度に向けた外国人材活用に関する動き(1)
入管白書(2021ー6)~留学生の就労状況~
入管白書(2021ー5)~在留資格「特定技能」の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(20)
特定技能(20)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(17)
お知らせ(40)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)