外国人との共生に向けて ~2019年のスタートに当たり~

お知らせ

「株式会社ビザアシスト」の代表の太田です。

 

「外国人との共生」が重要テーマとなる2019年がスタートしました。

 

急速な少子高齢化、これによる働き手の減少により、中小企業は人材不足で危機的な状況になりつつあります。

政府は、この事態を深刻に受けとめ、単純労働者を正式に受け入れることになりました。

昨年12月に法案が可決され、本年の4月から施行されることになっています。

在留資格として「特定技能」を新設

この法律が施行されると、5年間で「約34万人」の外国の方が日本で働くことになります。

現在人手不足が深刻な「介護」「建設」「農業」「宿泊」「飲食」など「14業種」が指定されています。

 

当社は、昨年11月1日に、4人の行政書士が連携して実施していた「入国管理局への在留資格取得申請の支援業務」をベースに「日本で暮らす外国人及びその関係者」のお役に立てるように業務範囲を拡大すべく、株式会社組織に変更しました。

 

今後の当社の業務内容(ビジネスモデル)を示します。

 

<3つの柱の業務>

① 人財マッチング事業

 人財が必要な企業と日本で働きたい外国人を結び付ける事業です。

 現在、2ヶ国の送出し機関と連携体制を取り、今後、順次連携先を広げていきます。

② 人財教育事業

 現状、企業サイドと外国人サイドの考え方にずれがあり、採用に至らない場合や採用しても十分に能力を発揮できないケースが見られます。

 この点を改善すべく、各種関係機関と連携して、教育事業を展開していきます。

③ 技能実習支援事業

 今回の新しい法律の国会での審議の中で、「技能実習」に関する課題が多く抽出されました。

 今後、この改善のために、法律家である「行政書士」の立場で「技能実習」を支援します。

 

<3つのプロジェクト>

① 介護分野プロジェクト

 介護業界の人手不足はより深刻ですが、他の業種と異なり「人と接する」業務になるため、日本語能力や技能の面でより高度な人財が求められます。

 当社は、介護施設と外国人財の橋渡しを、行政機関との連携も含めて進めて行きます。

② ホテル分野プロジェクト

 ホテル業界も人手不足が深刻です。当社では昨年からホテル業界と連携して検討を進めてきました。今回、「特定技能」に「宿泊」が含まれましたので、積極的に取り組んでいきます。

③ 外国人起業・経営支援事業

 昨年は、外国人の方の起業、「経営・管理ビザ」の取得のご相談を多く受けました。

 当社では、起業時だけでなく、その後の経営の安定化もご支援する体制を構築します。 

 

昨年も多くの方のご協力を頂きました。

本年もより多くの方とより深い連携を進めて行きたいので、よろしくお願いします。

 

最新のニュース&コラム
飲食店での外国人材の活用
展示会とセミナーのご案内
「特定技能」制度の進捗状況(2021年3月末時点)
外国人留学生の活用(2)~採用選考から入社までの実施内容~
入管白書(2020ー9)~不法残留者等の状況~
外国人留学生の活用(1)~採用前の準備内容~
入管白書(2020ー8)~外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策~
在日外国人に関する最近のニュース
高度外国人材の受入れの推進
外国人雇用をもっと知ろう! 外国人材受入Q&A
カテゴリ
留学生(10)
入管白書から(19)
代表者ブログ(16)
特定技能(14)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(15)
お知らせ(34)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(35)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)