ビザアシストの全国展開・次世代 ~外国人との共生~

代表者ブログ

2019年6月14日(金)に東京に本社がある「経営改善・事業再生」を行う「(株)事業パートナー」の定例会の一つである「パートナークラブ」の研修会で「外国人の就労」に関するお話をさせて頂きました。

この会は、全国の「税理士・コンサルタント」の方の集まりで、中小企業と接点を持つ方々です。

 

 講演のタイトル:

  外国人財を戦力に、未来に挑む 外国人財の活用

    ~ 社会貢献・ビジネスとして:専門家の役割 ~

 

<全国展開>

ホームページ経由で、福岡、九州だけでなく全国や海外からも問い合わせが多く入っています。

特に、「特定技能」の「登録支援機関」に認定されてからは更に増えてきています。

現在、外国、特に「フィリピン」から「優秀な人財」を日本の企業に送り出す準備を進めています。

*「フィリピン人財」に関しては、別途、ホームページで紹介します。

一方、受け入れ企業の開拓が必要になり、福岡県の企業だけで対応できるかが課題になります。

直近は「外国人の雇用」に関して検討を行う企業は増えてきているように思えますが、福岡県、特に北九州はまだまだ本格的な動きになっていません。

そこで企業の発掘として、全国的な展開の検討を開始しました。

第一弾として、知り合いの社会保険労務士の方からの依頼を受けて、3月31日(木)に東京で「外国人の就労」に関してお話をさせて頂きました。

そして、今回、(株)事業パートナーだけでなく、当社((株)事業パートナー九州)と同様の活動を行っている「(株)事業パートナー東海」「(株)事業パートナー東京」の税理士、コンサルタントの方に「外国人の就労」に関して紹介しました。

東京都、大阪府、愛知県、長野県、福岡県、熊本県、長崎県から参加されていました。

今回は特に連携のお願いはしませんでしたが、今後、全国展開の拠点として検討していきたいと思っています。

 

<次世代への期待>

神奈川県の「K大学」の国際関係の学科の3年生3人が上記の「(株)事業パートナー」の研修に参加しました。

ゼミのテーマが「外国人労働者の現状(課題)」とのことです。

当社のホームページ経由で「外国人の労働者の課題」を教えて欲しいとの依頼が先月にありましたが、対応する時間がないので、今回の研修にお誘いしました。

「大学の講義よりもわかりやすくおもしろい」との評価を頂きました。

外国人との共生:これを実現するためにはどうしたら良いか」という難しい質問を受けました。

「お互い(日本人ー外国人)相手をよく理解すること」これがスタートと回答しました。

そのためには、一方的ではない双方的な対話(コミュニケーション)が必要と付け加えました。

若い方が、今後の進化したグローバル社会の中で、「外国人との共生」に何らかの形で取り組んで頂ければと願っています。

 

最近、毎月、数回、「外国人に関する講演」をさせて頂いています。

 

ある「外国人を企業への斡旋を行っている方」とお会いしたときに「奴隷商人」と自己紹介されて、驚きと不快感を感じました。

単に商売としてとらえるのではなく、「日本社会と関係する外国人」の両方の幸せを願い、共生を進めることが大事と思っています。

最新のニュース&コラム
外国人留学生の状況(1)人数・内訳
外国人との「共生の文化」の構築を
入管白書(2019ー6)~留学生の就労状況~
「在留資格」に関する「新型コロナウィルス」の影響(3月11日更新)
入管白書(2019ー5)~在留資格「特定技能」の創設~
「特定技能」制度の進捗状況(2019年12月末時点)
当社の「特定技能」制度の取り組み
外国人技能実習制度 2号移行対象職種に追加
中小企業支援の専門家の皆様:人手不足解消に外国人材を検討しませんか?
当社の「技能実習」に関する取り組み
カテゴリ
留学生(1)
入管白書から(6)
代表者ブログ(5)
特定技能(6)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(11)
技能実習(11)
お知らせ(21)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(30)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(11)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)

Translate »