入管白書(2019ー2)~就労に関する在留外国人~

入管白書から

昨年12月に「出入国在留管理庁」から「2019年版出入国管理(白書)」が発行されています。

主な記事について数回に分けて紹介します。*今回は2回目

 

今回は「就労に関する在留外国人」の状況について幾つか紹介します。

 

最初に、就労に関する在留資格別の在留外国人数を示します。

「専門的・技術的分野」である「高度専門職」「技術・人文知識・国際業務」の増加が大きいです。

少子高齢化により、技術者や専門的な能力を持つ人材が日本人では足りずに「外国人材」に依存しなければならない状況が見られます。

また、「技能実習」「留学」に関しても伸びが大きいです。これらは別途紹介します。

上記の表をグラフ化したものを示します。

今後も「専門的知識・技能」を有する外国人の採用は増えます。

ただし、高度人材が必要な国は、日本国だけではなく、今後、国際的な獲得競争が

生じると予測されます。

外国人材が必要なときに、「誰も来てくれない国、日本」にならないように、各種の整備

が必要になってきています。

 

最新のニュース&コラム
外国人材の講習会のご案内
「特定技能」制度の進捗状況(2021年6月末時点)
外国人材に日本がフラれる日
家族を呼びたい外国人の方
入国後一律14日隔離の日本ルール
コンビニの外国人留学生支援
技能実習生の失踪・半年後の2割調査せず
外国人・企業の方:きちんと届出を
外国人が高校卒業後に就労できる在留資格
難民の審査の状況
カテゴリ
留学生(11)
入管白書から(20)
代表者ブログ(17)
特定技能(15)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(16)
お知らせ(36)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(37)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)