外国人留学生の状況(1)人数・内訳

留学生

昨年(2019年)12月に「北九州市留学生支援ネットワーク」第2回企画検討会議の場で、基調講演としてお話をさせて頂いた、「留学生の出口支援について~企業と外国人材のマッチング推進の立場~」の中から留学生に関する内容を紹介します。

 

1 外国人の留学生数の推移

グラフで昭和53年から平成30年までの外国人留学生数の推移を示します。

政府が「留学生30万人目標」を打ち出したことにより、急激に増えています。

平成30年度の各機関での在籍者数を示します。(出展は上のグラフと同じ)

<2018年(平成30年)12月末時点>

福岡県の在留外国人:約77,000人

 ・福岡市:37,130人(福岡県の半分)

   この内、留学生:13,974人(福岡市の37.6%)

  *福岡市は、外国人留学生が多い都市

<2018年5月時点>

北九州市内の留学生数:2,700人(福岡市の5分の1)

 ・中国:1,006人 ・ベトナム:834人 ・ネパール:417人

 ・スリランカ:91人 ・韓国:85人 ・インド:38人 他

★ 参考:福岡県は、東京都・大阪府に次いで、全国で3番目に外国人留学生が多い

日本語学校修了後の進路

外国人留学生の多くは、まずは日本語学校で学び、その後、専門学校へ行くケースと大学・短期大学へ行くケースに分かれます。

日本語学校以降の進路に関して次に示します。

日本で学ぶ留学生のほとんどが日本で働きたい、長く住みたいと思っています。

日本での就職率は、「大学・短大」に行った場合でも「40%以下」であり、専門学校卒業生は更に低い状態です。

外国人留学生の就職の状況については、次回に紹介します。

 

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)