外国人留学生の状況(3)就労の状況 *卒業後の就労

留学生

昨年(2019年)12月に「北九州市留学生支援ネットワーク」第2回企画検討会議の場で、基調講演としてお話をさせて頂いた、「留学生の出口支援について~企業と外国人材のマッチング推進の立場~」の中から留学生に関する内容を紹介します。前々回(1)は「留学生数の推移や学校の種別ごとの在籍数」などを紹介、前回(2)は「留学生の就労・アルバイトの状況」に関して紹介しました。今回は「卒業後の進路」について報告します。

 

日本に来た留学生のほとんどは、日本で長く働きたい、できればずっと日本に住みたい(永住権の取得)と思っていますが、実際に日本で就職されている方は「約20%」です。

 

外国人留学生の進路状況

各教育機関を修了後の進路について示します。

 

日本語学校を卒業して就職できるのは、「出身国の大学など」を卒業している方に限られます。

そのため、日本語学校のほとんどの卒業生は「大学・短大」もしくは「専門学校」に進学します(専門学校の方が多い)。

「専門学校」を修了したけど就職できなくて、違う「専門学校」に進学し、それでも就職できないので、困り果てて当社に相談に来られる方もいらっしゃいます。

専門学校の中で「アニメ学科」「IT学科」などを修了しても、その分野での就職が難しいのが現実です。

 

留学生の就職希望先

留学生の就職の希望職種を示します。留学生は日本の生活に慣れて日本語能力が高い方が多いので、母国と日本をつなぐ仕事を希望する方が多いです。

海外展開(店舗・工場の設立)を実施中、海外との取引が多い企業にとっては、有力な戦力になります。また、これから海外展開を計画している企業は、計画の早い段階から加わってもらうことも有効と思います。

ただし、海外展開はリスクが高く、法律的・政治的な面で高度な判断が必要なこともありますので、あくまでも推進の責任者(主体者)は経営者や準ずる幹部が行うべきで、その手足として留学生を活用する体制が望ましいです。

 

就職活動に向けた留学生の要望

国の施策としても「外国人留学生の日本企業への就職を増やす」ことが挙げられています。

留学生、企業の双方がお互いのことをよく理解できていないために、良縁の可能性が高い場合でも、入口で別れてしまうことが多いと思います。

それを改善する手段として「No.5のインターンシップ」が有力と考えています。ただし、1日や1週間程度ではお互い理解できないので、長期(3ヶ月程度)のインターンシップが望ましいと思います。その際は、「資格外活動」を利用して「有給で(働きながら)インターンシップ」も一つの方法と思っています。

 

留学生の日本での就職を増やすための2つの施策

(1)「特定活動:本邦大学卒業生」:2019年6月~

留学生が就労するための主な在留資格は「技術・人文知識・国際業務」です。この資格では「業務内容」と「大学(専門学校)の専攻内容」の関連性が問われ、そのため業務内容がかなり限定される場合があります。例えば、ホテルでは「フロント業務」「営業・企画業務」に限られ、「客室案内(荷物運搬)」「レストランでの朝食サービス」などは実施することができません。

そのため、「日本の4年制大学卒業、大学院修了」で日本語能力が「N1」の方は、日本語能力を活かせる幅広い職種で働くことができます。

極端なケースとして、「工業系の大学を卒業した方がホテルや飲食店で働く」ことが可能になります。ただし、「技術・人文知識・国際業務」の仕事内容が基本になり、常時現場作業を行うことは認められません。

4年制大学の留学生のうち「N1取得者」が約30%とのことですが、今後、この在留資格を得るために「N1取得者」が増えることが予測されます。

(2)「特定技能」の資格取得:2019年4月~

先に示したように専門学校で「アニメ学科」「IT学科」などで学んでも日本での就職は難しいです。

特定技能の「外食業」「宿泊業」に関しては、日本国内で試験が定期的に行われているので、学校に通いながら受験し、資格を取得することが可能です。資格取得後に、就職先を探して、専門学校等の卒業後に就職する方法があります。当社に相談に来られた方には、アルバイト先の飲食店に就職を検討されている方もいます。

なお、特定技能に関しては、こちらを参考にして下さい。

「特定技能」のほとんどの業種は5年間限定ですが、「介護業」はその後の頑張り(「介護福祉士」資格の取得)により、永住への道があります。

 

留学生を活用するには

「北九州市留学生支援ネットワーク」企画検討会議の基調講演の最後に説明した「今後の実施内容(案)」を示します。

外国人留学生を、地元の企業に多く就職させ、定着させるためには、「外国人本人」だけでなく、「学校」「企業」「自治体」が智恵を出して、継続的に施策を実施していく必要があります。

 

 

 

最新のニュース&コラム
「特定技能」制度の進捗状況(2020年3月末時点)
「在留外国人」と「新型コロナ」(2)留学生の悲痛の叫び
九州の外国人の就労状況
入管白書(2019ー10*最終)~不法就労等の状況~
「在留外国人」と「新型コロナ」(1)技能実習
外国人起業・経営管理ビザ取得の当社の状況
入管白書(2019ー9)~不法残留者等の状況~
外国人留学生の状況(3)就労の状況 *卒業後の就労
入管白書(2019ー8)~外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策~
外国人「243万人」最高に*2019年10月 ★現在はコロナにより激変
カテゴリ
留学生(3)
入管白書から(10)
代表者ブログ(8)
特定技能(7)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(12)
技能実習(11)
お知らせ(22)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(30)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(12)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)