外国人増加率:九州・沖縄高い伸び

お知らせ

8月5日、総務省から、住民基本台帳に基づく人口動態調査結果(2020年1月1日時点)が公表されています。

日本人は、「1億2427万1318人」で、前年から「50万5046人」減少しています。減少幅は1968年の調査開始以来最大で、11年連続の減少です。

一方、外国人は、「7.5%」増えて、「286万6715人」で過去最多になっています。

全国の外国人増加率は「7.48%」で、前年の「6.79%」を上回っています。

 

九州・沖縄の外国人の状況

外国人の伸びは地方で顕著で、特に、九州・沖縄では高い伸びを示しています。

この要因として、農業、畜産、食料品製造などでの人手不足の対応として、外国人労働者、特に技能実習生が増えたことによります。

現在、「新型コロナウィルス感染拡大」の影響で、外国との人材の移動がほぼ止まっています。

現在、業種によっては、受注の減少で人手が余っているところもありますが、今後を長期的に見ると日本人の労働者が減少するのは明らかであり、今後も外国人が増加していくと思われます。

 

最新のニュース&コラム
外国人に対する日本語教育
日本の大学は国際化するか?~求められる多様性の確保~
防災・医療現場でやさしい日本語
日本語の学習:支援アプリ配信~立命館アジア太平洋大学~
●★ アシスト国際事業協同組合:設立 ★●
特定技能取得へ、在日外国人を支援の動き
在留資格持つ外国人:再入国制限・9月全面緩和
海外の高度人材の受入れ
「特定技能」制度の進捗状況(2020年6月末時点)
在留資格を有する外国人の再入国について
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(13)
特定技能(10)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(17)
技能実習(11)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(30)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(12)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)