在留資格持つ外国人:再入国制限・9月から全面緩和

お知らせ

*2020年8月23日:日本経済新聞

政府は中長期の在留資格を持つ全ての外国人について9月から条件を緩和し、日本への再入国を認める調整に入りました。在留資格者の再入国の緩和は行いますが、新規入国者の制限は続けます。全ての外国人が日本と海外を円滑に行き来できる状況になるわけではありません。

再入国に際し、海外から帰国する日本人と同様にPCR検査や、自宅やホテルなどでの14日間の待機を条件とします。9月に、成田、羽田、関西空港の3空港に「PCRセンター」を設け、検査能力を現在の「2.5倍の1日1万人」に増やします。

今回の記載内容は、今後の政府内の検討状況によって変更になる可能性がありますので、最新の情報は出入国在留管理庁や外務省のホームページなどでご確認をお願いします。

 

在留資格を保有の外国人

中長期の在留資格を持つ外国人は「約260万人」、8月中旬時点で「約20万人」が出国中。

このうち入国拒否の対象に指定された後に日本を出国した人は「約3万人」です。

今回の緩和でこれらの人の入国も認められます。

 

留学生の入国制限

今回の再入国制限の緩和に伴って、外国人留学生の入国制限も一部緩和します。

まず日本政府が学費や生活費を支給している「国費留学生」(留学生全体の3%)を対象にします。その後、私費留学生について検討を行います。

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)