外国人留学生をアルバイトとして使っている会社へ~資格外活動の取り締まりが厳しくなっています~

留学生

12月4日(金)に、福岡行政書士会主催のセミナーがありました。

その中で、「外国人の就労に関する注意喚起」というテーマで、主に「留学生の資格外活動」の注意点の説明がありました。

セミナーの内容も含めて、「留学生のアルバイト」に関する現状と注意点を説明します。

 

留学生の資格外活動とは?

大学、専門学校、日本語学校で学んでいる外国人留学生の在留資格は「留学」です。この在留資格は、働いて収入を得ることは認められていません。

ただし、出入国在留管理局(入管)に「資格外活動の許可申請」を行い、認められたら次の条件で働くことができます。

 ・働けるのは「週28時間以内」

 ・風営法にかかる機関では働くことはできない

この制度は日本特有で「日本に留学したら働いてお金を稼ぐことができる」ということで、働くことを目的とした「デカセギ留学生」も存在しています。

 

 

よくある問題点

アルバイトの掛け持ち

週28時間以内とは、複数のアルバイトを掛け持ちしても、「その全ての就労時間の合計」が週28時間以内でなければなりません。採用時の面談で、他のアルバイトをしていないか十分に確認する必要があります。

また、週28時間以内とは、「どの曜日から起算しても週28時間以内」でなければなりません。つまり「月火水木金土日」のうち、どの曜日から7日間切り取っても、28時間以内でないといけません。

 卒業や中退した元留学生がアルバイトだけは続けていた

「資格外活動許可」は、在留資格「留学」に付随しているので、留学生の身分が失われたら存在がなくなりアルバイトを行うことはできません

また、3月に卒業した場合、学校の在籍期間が「3月31日」となっている場合は3月31日まで働けますが、学校によっては卒業日を在籍期間としている場合もあり注意が必要です。

 風営法にかかる機関での就労

風俗営業の許可が必要な「場所」での就労は不可です。いわゆるキャバクラ店でホステスはもちろん出来ませんし、その店の厨房で皿洗い等でも不可です。

「清掃会社に雇われた清掃員(留学生アルバイト)が、キャバクラ店やパチンコ店へ派遣されて掃除をする」のも不可です。仕事内容が何であれ、風俗営業の許可が必要な「場所」で働く時点で不可な点に注意が必要です。

 

★★週28時間のアルバイトで生活できるのか?★★

時給「1,000円」でも週「28,000円」、1ヶ月で「11万円」ほどにしかなりません。それで日本で学費を払って生活を行うことは厳しいと思います。そこで一ヶ所のアルバイトでは28時間以内に収めながら複数のアルバイトを掛け持ちする違法留学生が増加することになっています。

週28時間を超えて働く学生の多くは勉強が疎かになりがちで、勉強よりも、働くほうに熱心になってしまいます。仮に日本語学校や専門学校を卒業したとしても、極めて低い学力しか身についてなく、そのため、雇い入れる企業はなく、将来につながる仕事に就けない留学生が多いのが現状です。

本人に取って好都合なはずのアルバイトの掛け持ちが自分自身の将来の可能性を潰す結果になっています。

 

もし、資格外活動に違反してしまったら・・・

最近、特に留学生のオーバーワーク(28時間を超えて働く)による更新や変更不許可が増えています。弊社にも幾つかの相談がありますが、許可を得るには難しい案件がほとんどです。

進学や進学に伴う在留期間更新許可申請や、学校卒業後、在留資格を「技術・人文知識・国際業務」や「特定技能」等の就労できる在留資格に変更申請した際に、過去のオーバーワークが理由で申請が認められないことが多く発生しています。

この場合は、帰国するしか道はありません。「起業して【経営・管理】に変更」「特定技能の試験に合格して【特定技能】に変更」などはできません。

「きっとバレないだろう。もしバレても反省文を書けば許されるだろう」などという甘い考えは通用しません。

 

雇用している企業も罰せられる

「資格外活動許可」を取得していない者を働かせたり、「週28時間を超えて」働かせていた場合、その企業には『不法就労助長罪』が適用されます。

*不法就労助長罪:3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

 

 

外国人留学生をアルバイトで雇う場合、日本人の採用以上に気を付けて行う必要があります。

留学生自身も「何が不法就労になるか?」を知らない場合もあります。採用に当たって疑問点がありましたら、ぜひ、弊社にお問い合せ下さい。

最新のニュース&コラム
外国人雇用をもっと知ろう! 外国人材受入Q&A
外国人留学生・コロナの影響で「1割減少」
入管白書(2020ー7)~身分系の在留外国人の国別内訳~
コロナ、在留外国人の暮らし直撃。 その中でも前向きに!
入管白書(2020ー6)~留学生の就労状況~
留学生の国内就職の状況
入管白書(2020ー5)~在留資格「特定技能」の状況~
入管白書(2020ー4)~技能実習制度の実施状況~
技術者の需要増大・外国人技術者採用の動き
「特定技能」制度の進捗状況(2020年12月末時点)
カテゴリ
留学生(10)
入管白書から(17)
代表者ブログ(16)
特定技能(13)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(15)
お知らせ(33)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(35)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)