入管白書(2020ー1)~在留外国人数とその内訳~

入管白書から

昨年12月に「出入国在留管理庁」から「2020年版出入国管理(白書)」が発行されています。

2020年は「新型コロナウィルスの感染拡大」で、外国との往来が制限され、それにより「在留外国人」に大きな変化が生じたと思われます。

この点について、今回の白書に書かれているかと興味深く見てみましたが、「新型コロナウィルス」のことは全く記載されていませんでした。

「2019年度の動きを中心にまとめています」と記載されていますが、2020年12月の発行なので、せめて「出入国在留管理庁長官」の「はじめに」には触れて頂きかったです。

 

主な記事に関して数回に分けて紹介します。

 

在留外国人数(中長期在留者数+特別永住者数):2,933,137人(2019年末)
 *総人口に占める割合:2.32%(2018年末と比べ0.16ポイント増加)
 ますます、日本で中長期に在留する外国人が増えています。

 ただし、2020年に発生した「新型コロナウィルス感染拡大」の影響で、2020年は

 減少していると思われます。

 

 在留外国人数の推移と日本の総人口に占める割合の推移

 

<各年の就労に関する新規の在留外国人の推移>
 特に高度人材の「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の伸びが大きいです。

 *前年の約1.28倍(全体では約1.15倍)
 これは、企業の人手不足の深刻度が高まったことと留学生の増加が背景にあります。

 

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格による新規入国者数の国別では

  1. ベトナム:12,245人  (27.9%)
  2. 中国  :  9,532人  (21.7%)
  3. 韓国  :  4,161人  (  9.5%)
  4. インド :  3,073人  (  7.0%)
近年は、ベトナムが中国を抜いてトップになっています。
★ 当社への申請の相談も、ベトナム人の技術者の採用が多くなっています。

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)