2021年 新年のご挨拶

代表者ブログ

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、幸多き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は、多くの方々とのご縁を頂き、また多くのご支援を頂きありがとうございました。

 

弊社「株式会社ビザアシスト」は昨年の11月から3年目に入りました。

2018年1月に行政書士の有志の「入国管理局への在留資格申請の勉強会」からスタートし、その年の11月に法人化しました。

設立当初は、入国管理局への「在留資格(ビザ)」の申請の支援を業務としていました。

企業、特に中小企業の人手不足が深刻になり、「人手不足による廃業」も聞かれるようになり、積極的に「企業と外国人のマッチング」ができるように取り組みを開始しました。

 

昨年、2020年(令和2年)は、「新型コロナウィルスの感染拡大」で、外国との往来が制限されました。また、多くの外国人材の採用を予定していた「宿泊業」「外食業」は需要減少により、外国人材の採用を見送りました。

これらにより、「外国人材の紹介とその手続き」を行っている弊社では、計画よりも受注量が減少し、経営的には厳しい1年でした。

企業の体質強化としては、

 ・前年に取得した「特定技能の登録支援機関」認定  に加え

 ・「有料職業紹介の許可」取得

 ・別組織として、『アシスト国際事業協同組合』を設立し、

  技能実習の「監理団体」の許可を取得しました。

また、福岡県内・外の「外国人材関係機関」とのネットワークの構築も進めました。

 

少子高齢化による人手不足はさらに深刻になり、一昨年(2019年)4月に施行された「外国人材活用の大制度変革(在留資格「特定技能」の新設)」もあり、今後外国人材に頼らざるを得ない状況は、変わらないと思っています。

2021年(令和3年)も、「新型コロナウィルス」感染拡大の影響で経営的には厳しい状況が続きますが、将来に向けたビジネスモデルの検討も進めて、社会に貢献できる企業を目指していきます。

 

本年も引き続きよろしくお願いします。

 

2021年1月9日

 

株式会社 ビザアシスト

代表取締役  太田 範雄

 

 

最新のニュース&コラム
技能実習生の失踪・半年後の2割調査せず
外国人・企業の方:きちんと届出を
外国人が高校卒業後に就労できる在留資格
難民の審査の状況
外国人留学生の活用(3:最終)~入社後の実施内容~
入管白書(2020ー10*最終)~不法就労等の状況~
飲食店での外国人材の活用
展示会とセミナーのご案内
「特定技能」制度の進捗状況(2021年3月末時点)
外国人留学生の活用(2)~採用選考から入社までの実施内容~
カテゴリ
留学生(11)
入管白書から(20)
代表者ブログ(17)
特定技能(14)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(16)
お知らせ(35)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(3)
就労ビザ申請(35)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)