2020年のホームページ投稿記事・ベスト10

お知らせ

2020年、多くの方にホームページをご覧頂きありがとうございました。

ホームページ経由のご相談やご依頼が徐々に増えてきています。

 

2020年、どんな記事に関心があったか、ベスト10を「ヒット数」で見てみます。

時流を反映して「新型コロナウィルス感染拡大」に関する記事を多く見て頂きました。特に、入国制限の状況に関するものが多く、「入国できない」「帰国できない」という深刻な状況に置かれている方が多くいらっしゃることが覗えます。主に新聞記事の情報から記載していますが、より正確にわかりやすくお伝えすることの必要性を感じています。

 

コロナ関係以外のベスト10

コロナ関係を除いてまとめてみました。

特定技能が注目されている

特定技能に関しては、全体の「6位、8位、18位」に入っていて、注目されていることがわかります。

なお、8位の「特定技能の業種追加の動き」ですが、自民党の部会では取り上げられましたが、残念ながら自民党全体では提言されませんでした。

弊社でも特定技能に関する業務も増えてきました。

・農業:技能実習から特定技能への変更

・製造業・建設業:技能実習修了者の外国からの呼寄せ

・外食業:試験合格者

弊社では、特定技能の「出入国在留管理局」への申請、その後の「登録支援機関」としての支援業務を行っています。

 

留学生も見ている?

留学生に関しては、全体の「9位(コロナに分類)、12位、15位」に入っています。留学生は日本で働きたいのに就職が決まらず、母国に帰らざるを得ない方も多いのが現状です。期待していた「外食業」「宿泊業」がコロナの影響で採用が大幅に減ったことも影響しています(特定技能での活用が期待されていました)。

弊社にも留学生の就職相談が寄せられます。なるべく早い段階でご相談頂ければ、選択肢を多く持てて就職できる可能性も出てきます。

 

 

昨年は多くのホームページの投稿記事を見て頂きました。本年は更にお役に立てる情報を提供できるように取り組んで行きますので、よろしくお願いします

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)