(お知らせ)セミナー講師を務めます

2021年2月10日(水)に開催されます「北九州市」が主催します、「外国人材の活用」に関するセミナーで講師を務めます。

 

『知ってる企業は始めてる”特定技能”の活用方法』

 

特定技能制度は、2019年4月に運用が開始され、ほぼ2年が経過しようとしています。

法律を急いで施行したこともあり、外国人材を供給する諸外国との協定が遅れたり、本格化が期待された矢先に、「新型コロナウィルス感染拡大」の影響で、

● 外国からの「特定技能」資格保有者が来日できない

● 外食業や宿泊業に就職を予定していた方が就職できなくなった

などの予測外のことがおきました。

 

まだまだ、「コロナ」の影響がありますが、日本は少子高齢化によって、将来的には確実に人材不足に陥ります。

そのため、労働力を確保するためには、外国人の力を借りる必要があります。

現場の労働力の確保としては「特定技能」人材の活用が最適です。

 

「特定技能」制度に関しては、企業だけでなく、大学・専門学校の方も十分に制度を理解していないのが現状です。

今回、「特定技能制度の仕組み」と題して、制度の概要と採用の手続きに関して紹介します。

特に、これまでの出入国在留管理局への申請の実績を含めて、採用の注意点についても紹介します。

 

なお、お申し込み、お問い合せは、北九州市の担当部署にお願いします。

 

申込み:北九州市のホームページ

 

 

関連記事

関連記事はありません

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)