家族を呼びたい外国人の方

家族滞在ビザ

日本に住んでいる外国人が母国にいる外国籍の自分の「配偶者」「子ども」を日本に呼ぶことは可能です。

弊社もこれまでに、何人もの家族の呼び寄せの手続きの支援を行いました。

家族を呼びたいと考えている方は、お問い合わせ下さい。

お問い合せはこちらに

 

家族を呼べる条件

外国人が家族を呼んで日本で生活するには条件があります。呼び寄せた家族の在留資格(ビザ)は多くの場合が『家族滞在』になります。

 

 

誰を呼ぶことができるか?

 

(1)配偶者

正式な結婚手続きを得て婚姻し継続している者です。離婚した者、内縁の者は含まれません。また、外国で有効に成立した同性婚による者も含まれません。

*なお、同性婚については『特定活動』の在留資格が得られる可能性があります

 

(2)子

「子」には、「嫡出子」(法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものこと)の他に、「養子」や「認知された非嫡出子」が含まれます。また、成年に達した者も含まれます。

 

★親や兄弟姉妹

親や兄弟姉妹は『家族滞在』の対象外です。

なお、親については、特別な理由がある場合は認められる可能性があります。また、『高度専門職』の在留資格の方は条件を満たせば親を呼び寄せることが可能です。

 

呼べるための条件

外国から配偶者や子どもを呼んで、生活費や子どもの養育費などを賄える収入があることが必要です。そのため働いて収入が得られる在留資格の「技術・人文知識・国際業務」「技能」「経営管理」などの在留資格の方が多いです。

留学生の中でも「大学」などで、母国からの仕送りや奨学金などで養うことができる収入がある場合は認められることがあります。留学生で『家族滞在』で家族を呼ぶことができるのは、「大学(院生生」、「専門学校生」であり、「日本語学校生」は認められていません。

 

家族滞在の在留期間は

2021年4月からは、『家族滞在』で日本に在留する配偶者や子の在留期間は、扶養者の在留期間に合わすことになりました。そのため、在留期間の更新は、まとめて行う必要があります。

 

 

家族、特に子どもに関する手続きは複雑ですのでお問い合せ下さい

『家族滞在』の在留資格で「親」や「兄弟姉妹」を呼べるとか、日本人・永住者の子や、日本人の配偶者等の連れ子の在留資格を「家族滞在」だと勘違いしている方がいます。また、特に「出生に伴う永住許可申請」については申請期限が出生から30日以内となっており、時間的猶予がないので出生前からできることは準備をしておくことも大切です。

家族の在留資格について、不明な場合はお問い合わせ下さい。

 

最新のニュース&コラム
外国人材の講習会のご案内
「特定技能」制度の進捗状況(2021年6月末時点)
外国人材に日本がフラれる日
家族を呼びたい外国人の方
入国後一律14日隔離の日本ルール
コンビニの外国人留学生支援
技能実習生の失踪・半年後の2割調査せず
外国人・企業の方:きちんと届出を
外国人が高校卒業後に就労できる在留資格
難民の審査の状況
カテゴリ
留学生(11)
入管白書から(20)
代表者ブログ(17)
特定技能(15)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(16)
お知らせ(36)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(37)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)