入管白書(2021ー2)~就労に関する在留外国人~

入管白書から

昨年12月に「出入国在留管理庁」から「2021年版出入国管理(白書)」が発行されています。

主な記事について数回に分けて紹介します。*今回は2回目

 

今回は「就労に関する在留外国人」の状況について幾つか紹介します。

 

最初に、就労に関する在留資格別の在留外国人数を示します。

コロナ禍により、海外からの入国が減少しましたが、留学生の就職により、若干の増加や減少していてもわずかな数に留まっています。

介護と特定技能はようやく立ち上がってきています。

また、「特定活動」が増加しているのは、「留学」や「技能実習」が修了していて、本来ならば母国に帰国しなければならない方が、コロナ禍により帰国困難と判断され、特別に在留許可が与えられていることによります。

 

 

上記の表をグラフ化したものを示します。

 

2020年は、「新型コロナウィルスの感染拡大」により、「専門的知識・技能」を有する外国人の採用の伸びは減少しましたが、まだ、留学生が多く在留していたことにより、増加にはなっています。

次年度以降は、コロナ禍により、留学生が減少していますので、就労する外国人数は減少すると予測しています。

少子高齢化による日本の若年層人口の減少により、多くの産業で人手不足の状況の中、これを補うと期待されていた外国人材が減少することにより、更に人手不足が深刻になります。

また、高度人材が必要な国は、日本国だけではなく、今後、国際的な獲得競争が生じると予測されます。

外国人材が必要なときに、「誰も来てくれない国、日本」にならないように、各種の整備が必要になってきています。

 

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)