2022年 新年のご挨拶

代表者ブログ

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、幸多き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年は、多くの方々とのご縁を頂き、また多くのご支援を頂きありがとうございました。

 

当社「株式会社ビザアシスト」は昨年の11月から4年目に入りました。

2018年1月に行政書士の有志の「入国管理局への在留資格申請の勉強会」からスタートし、その年の11月に法人化しました。

設立当初は、入国管理局への「在留資格(ビザ)」の申請の支援を業務としていました。

企業、特に中小企業の人手不足が深刻になり、「人手不足による廃業」も聞かれるようになり、積極的に「企業と外国人のマッチング」ができるように取り組みを開始しました。

 

一昨年、2020年(令和2年)から、「新型コロナウィルスの感染拡大」の影響で、外国との往来が制限されました。また、多くの外国人材の採用を予定していた「宿泊業」「外食業」は需要減少により、外国人材の採用を見送ってきました。

これらにより、「外国人材の紹介とその手続き」を行っている当社では、計画よりも受注量が減少し、経営的には厳しい状況が続いています。

その中でも昨年は、将来を見据えた企業の体質強化として施策を実施してきましたので、本年は飛躍の年にできるように取り組んで行きます。

 

本年度の重点的活動

 

(1) 特定技能の登録支援機関としての活動

・昨年は、関係機関である『アシスト国際事業協同組合』で技能実習期間を修了した方の特定技能への移行手続きとその後の支援を実施しました。

・本年は、北九州市・福岡県を中心に、「外食業」「食料品製造」「介護」などの業種の特定技能人材の支援を進めていきます。そのために、企業の開拓と外国の送出し機関との連携などを進めていきます。

弊社の特定技能の取組みはこちらをご覧下さい

・また、技能実習生の活用に関しても支援していきます。

アシスト国際事業協同組合についてはこちら

*相談は(株)ビザアシストで受付けています

 

(2)外国人材と人手不足企業とのマッチング推進

本年は、外国人材と人手不足企業とのマッチングを系統的に進めていくために体制整備を行っています。4月から本格的な活動を行う予定で、今後、順次、ホームページで案内していきます。

● 現場の作業者のマッチング

少子高齢化でますます、製造業、建設業、農業の第一次、第二次産業だけでなく、サービス業でも現場の作業員の不足が深刻になります。

当社では、上記の「特定技能人材の活用」を中心に進めていきます。

● 高度人材のマッチング

日本社会の生産性の低さの改善として、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が進められています。この推進の中で「IT技術者」が圧倒的に不足しています。

また、中小の製造業では、技術者不足も深刻になっています。

本年は、IT技術者、機械や電気のエンジニアを中心に高度の外国人材と企業のマッチングを推進していきます。

 

(3) 留学生の就職支援

・現在、「専門学校 九州テクノカレッジ」にて、週1回、90分の講座を担当させて頂いています。主な内容を示します。

 ・日本での外国人の就労状況

 ・ビジネススキル:企業で働く際の基本的考え方

 ・日本の企業の特徴

 ・ビジネスマナー  など

・また、他の学校の留学生からの進路相談(就職、進学)が増えています。

★留学生は日本での滞在期間が長いので高い日本語能力を持っている方も多くいますので、就労先の開拓に取り組んで行きます。

 

(4) 外国人材の在留資格の取得・更新の支援

・行政書士の出入国在留管理局(入管)への取次申請からスタートしていますので、多くの実績を積み重ねています。

★外国人材の採用を考えている企業の方はお問い合せ下さい。外国人材の資質(学歴・職歴)によっては、雇用できない場合もあります。

★「永住」や「帰化」の相談や手続きの支援も増えています。在留外国人の増加により、今後更に増えることが予測されます。

 

(5) 外国人の会社設立・在留資格「経営・管理」の取得の支援

・一昨年から、外国の方が「会社を設立したい」との相談が増えています。事業内容は、母国との貿易目的がほとんどです。日本と外国の橋渡しに貢献できるように「事業計画」を含めて支援させて頂きます。 

 

少子高齢化による人手不足はさらに深刻になり、一昨年(2019年)4月に施行された「外国人材活用の大制度変革(在留資格「特定技能」の新設)」もあり、今後外国人材に頼らざるを得ない状況は、変わらないと思っています。

2022年(令和4年)も、「新型コロナウィルス(オミクロン株)」の感染拡大の影響で、入国制限が継続していますが、日本の労働力不足は深刻度が高くなっていて、経済界からの強い要求により、外国人材の受入れは早い時期に再開されるものと推察しています。

 

本年も外国人材に関する支援(就職、手続き)と各種の情報発信を行いますので、本年もよろしくお願いします。

 

2022年1月9日

 

株式会社 ビザアシスト

代表取締役  太田 範雄

 

 

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)