外国人留学生・コロナの影響で減少が顕著

留学生

2008年に政府から、2020年までに「留学生30万人」計画が提唱され、それに伴って、外国人を受入れる日本語学校や専門学校が新規に開校しました。学校によっては、少子化により学生数が減るために生き残りをかけて外国人にターゲットを絞ったところもあります。

この施策により、2019年には、「31万2,214人」と目標を達成しました。一方、留学とは名ばかりで就労(アルバイト)目的の「出稼ぎ留学生」が増えたことも問題として指摘されています。

 

留学生の推移

今回の「新型コロナウィルス感染拡大」の影響により、入学が決まっていても来日できないなどの点で外国人留学生は昨年に引き続き減少しました。特に日本語学校の減少が大きいです。他の学校は、在留している日本語学校等からの入学があるためまだ減少幅が少なくなっています。

次のグラフは、「日本学生支援機構」がまとめた外国人留学生数の推移です。

 

2021年5月1日時点で日本の大学や日本語学校などに在籍する外国人留学生が「24万2,4447人」で前年から「37,153人(13.3%)」減少しています。

 

学校別留学生数

 

専修学校と日本語学校の減少が大きくなっています。日本語学校の減少により、1年後、2年後の専修学校、大学の入学者数が大きく減少することが予測されます。そのため、経営的に更に厳しくなる学校がでてくる可能性があります。

 

国別の留学生数

 

出身国・地域別の上位5ヶ国は第5位に台湾に代わりインドネシアが入っています。各国とも留学生数は減少しています。特に近年増加が著しいベトナムとネパールの減少が大きくなっています。

 

 

 

今回の「新型コロナウィルス感染拡大」による入国制限で、留学生が日本に来れなくなっていて、進学を諦めるケースも増えています。

留学生の減少は、今後次の面で影響が出てくることが予測されます。

 ・外国人留学生に依存している学校の経営状態の悪化

 ・留学生アルバイトに依存している企業の人手不足

 ・外国人の採用を検討していた企業の人手不足(特定技能人材)

2022年3月から外国人の入国が再開されました。政府として、外国人留学生の入国を積極的に進める意向を示しています。

今回のコロナ禍で、「留学生30万人計画」で外国人留学生が増える前提で進めてきたことに関する見直しが必要になっています。

 

 

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)