入管白書(2021ー8)~外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策~

入管白書から

昨年12月に「出入国在留管理庁」から「2021年版出入国管理(白書)」が発行されています。

主な記事について数回に分けて紹介します。*今回は8回目

 

法務省は、2019年6月18日に、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策の充実について」を取りまとめ、更に2019年12月20日と「2020年7月14日(令和2年度改訂)」に、外国人材の受入れ環境整備を更に充実させる観点から改訂を行っています。

また、2021年6月15日に、新型コロナウィルス感染症の感染拡大等によって明らかになった課題も踏まえ、受け入れた外国人に対する受入れ環境を更に充実させる観点から、総合的対応策(令和3年度改訂)を策定しています。

 

主な施策

令和3年改訂では、197の施策が盛り込まれている中で、新たに実施された主な施策を示します。

●共生社会の実現に向けて取り組むべき中長期的な課題及び方策等に関する工程表の策定

●日本語教育機関、専門学校等や職場における抗原簡易キット等を活用した検査の実施等と、陽性者発見時における幅広い接触者への迅速かつ機動的なPCR検査等の実施

●在留外国人へのワクチン接種の周知広報、接種案内の確実な送付、多言語による相談対応体制の確保

●関係省庁及び地方公共団体等の連携による在留外国人の住居地情報の整備

●技能実習生のプライバシーや感染予防に配慮した住環境を確保する実習実施者に対する優遇

 

上記を含めた「令和3年度改訂」の施策の項目・キーワードを紹介します。外国人材の活用や生活面等の支援を行っている方は参考にして下さい。

 

外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策

 

外国人との共生社会の実現に向けた意見聴取・啓発活動等

1 国民及び外国人の声を聴く仕組みづくり *『国民の声を聴く会』『御意見箱』

2 啓発活動等の実施 *互いの人権を大切にし支え合う共生社会の実現

 

円滑なコミュニケーション・情報収集のための支援

1 行政・生活情報の多言語化・やさしい日本語化、相談体制の整備

2 日本語教育の充実(円滑なコミュニケーションの実現)

 

ライフステージ・生活シーンに応じた支援

1 地域における多文化共生の取組の促進・支援

2 生活サービス環境の改善等

3 外国人の子供に係る対策

4 留学生の就職等の支援

5 適正な労働環境等の確保

6 社会保険への加入促進等

 

非常時における外国人向けのセーフティネット・支援等

1 災害時等の非常時における情報発信・支援

2 新型コロナウィルス感染症の感染予防・円滑なワクチン接種支援等

 

外国人材の円滑かつ適正な受入れ

1 特定技能外国人材のマッチング支援策等

2 特定技能試験の円滑な実施、特定技能制度の周知・利用の円滑化等

3 悪質な仲介事業者等の排除

4 海外における日本語教育基盤の充実等

 

共生社会の基盤としての在留管理体制の構築

1 在留資格手続きの円滑化・迅速化

2 在留管理基盤の強化

3 留学生の在籍管理の徹底

4 技能実習制度の更なる適正化

5 不法滞在者等への対策強化

 

 

 

 

 

 

 

 

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)