入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~

入管白書から

昨年12月に「出入国在留管理庁」から「2021年版出入国管理(白書)」が発行されています。

主な記事について数回に分けて紹介します。*今回は10回目(最終)

 

今回は、最終号として「不法就労」と「資格外活動違反」の状況について紹介します。

 

不法就労の状況

2020年中に退去強制手続きを行った入管法違反者のうち、不法就労していたことが認められた者は「10,993人」(69.2%)であり、我が国に潜伏する入管法違反者の多くが不法就労している状況です。

このような状況は、不当に安い賃金で働く不法就労者が日本人労働者の雇用機会を奪うことになるなど、公正な労働市場を侵害するとの指摘もなされているほか、不法就労先を斡旋するブローカーが不当に多額の利益を得る一方で、不法就労者が賃金を搾取されたり、労働災害に遭っても十分な補償が受けられないなどの人権上の問題も発生しています。

なお、2010年7月1日に施行された改正入管法では、不法就労者を雇用するなどの「不法就労助長行為」を退去強制事由として規定しており、出入国在留管理庁では不法就労を助長する外国人の取り締まりを進めています。

 

国別・地域別の不法就労事件の推移

 

不法就労者の国籍・地域は、近隣アジア諸国を中心として「55ヶ国・地域」に及んでおり、依然として多国籍の者が不法就労している状況です。

国籍・地域別に見ると、ベトナムが「4,943人(45.0%)」で最も多く、次いで、中国「2,361人(21.5%)」、タイ、インドネシア、フィリピンの順になっていて、この上位5ヶ国で全体の「92.2%」を占めています。

ここ数年、ベトナムが、技能実習生・留学生の増加に伴い、不法就労者が増加していて、2019年に中国を抜いて最も多い国になっています。

2020年が2019年に比べて不法就労が減少した理由としては、

・コロナ禍の影響で帰国すべき外国人が「特定活動(帰国困難)」の在留資格を得て、(時間制限はありますが)働くことが可能になった。

・コロナ禍の不況で、事業者の人手不足が緩和されていた

の2点があると推定しています。

 

 

就労内容別不法就労事件の推移

 

就労内容別では、農業従事者が「2,463人(22.4%)」と最も多く、次いで、建設作業者「2,272人(20.7%)」、工員「2,033人(18.5%)」の順になっています。人手不足が深刻化している業種が多くなっています。

 

資格外活動事件

 

「資格外活動違反」の原因

「資格外活動」は、在留する外国人が、資格外活動許可を受けることなく、付与された在留資格で認められていない報酬を受ける活動等の就労活動を専ら行っていると明らかに認められる場合は、退去強制手続きが執られることになります。

退去強制手続きが行われた国別の件数を示します。

 

「資格外活動許可」は、主に留学生のアルバイトに認められている制度です。通常は、週28時間、就労することができます。

この制度の違反としては次の2点があります。

1 「資格」がなくなったのに働いている

「退学」になり、在留資格としての「留学」を喪失したのにそのまま日本に留まり働いている場合です。

2 規定時間以上に働いている

留学生の中には、アルバイトの掛け持ちを実施し、1つのアルバイトでは「28時間」を守っていますが、トータルでは超えている場合があります。雇い入れる側の確認が不十分な場合もあり、状況によっては雇い主も罰せられる場合があります。

上記の退去強制手続きの中には、留学生の違反のほとんどが含まれていないと思います。留学生の場合、この違反により、在留期間の更新が認められなくて、(強制的手段ではなく)帰国する場合が多いと思われます。

 

「資格外活動」違反に関しては、最近、出入国在留管理庁の取り締まりが厳しく、「在留期間更新申請」の際に、前年度の収入の確認等を行い、「時間オーバー」が許されない場合、留学期間が残っていても「不許可」になる事例が増えていると感じています。

また、留学生が試験で「特定技能」の資格を取得したにもかかわらず、留学時にアルバイト時間が多く、資格外活動違反で不許可になる事例もあります。

 

 

現在(2022年5月)、「新型コロナウィルスの感染拡大」に対する入国制限の緩和が進められています。これにより、帰国困難の理由で「特定活動」の在留資格を得て、日本に滞在、就労している多くの外国人が帰国をしなければならなくなります。その中で、帰国しないで日本に滞在したい外国人が不法滞在として日本に留まる可能性があります。

また、今後の「人手不足」により、不法に外国人を雇う事業者が増えてくる可能性もあります。

今後の外国人の不法滞在、不法就労に関しては、注視していく必要があると感じています。

 

以上、10回にわたり、「2021年版 出入国在留管理(入管白書)」の主な点を紹介してきました。

1年遅れになりますが、日本での外国人の状況がよくわかりますので、興味がある方はぜひ一読して下さい。

 

入管白書のホームページはこちら

 

 

 

 

最新のニュース&コラム
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
新年度に向けた外国人材活用に関する動き(2)
入管白書(2021ー8)~外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策~
外国人留学生・コロナの影響で減少が顕著
入管白書(2021ー7)~身分系の在留外国人の国別内訳~
新年度に向けた外国人材活用に関する動き(1)
入管白書(2021ー6)~留学生の就労状況~
入管白書(2021ー5)~在留資格「特定技能」の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(20)
特定技能(20)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(17)
お知らせ(40)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)