「日本人の配偶者等」ビザの内容

国際結婚ビザ

国際結婚をして、相手の外国人(配偶者)と日本で一緒に暮らす場合は、

日本人の配偶者等」の在留資格(ビザ)を取得する必要があります。
このビザは、名称の最後に「等」が付いているので、

「配偶者」以外の「子や養子(特別養子)」も対象になります。

 

 

日本人の配偶者

配偶者とは、有効に(正式に)婚姻している者で、内縁関係は含まれません。
また、許可を受ける段階で、婚姻状態が続いていることが必要で、

離婚や死別をしている場合は含みません。
以前から偽装結婚による申請が多くあるため、入国管理局は、

夫婦生活の実体に関して慎重に審査を行っています。
そのため、同居していることは、審査で重要視されます。
週末婚」や「通い婚」は当然疑われますし、正当な理由と思われる「単身赴任で離れて

住んでいる」こともきちんとした理由の説明がなされないと不許可になる可能性があります。

 

 

日本人の子として出生した者

日本人の子供であればよいので、結婚していない日本人との間に生まれた子でも、

日本人が認知していれば、「日本人の配偶者等」のビザをとることができます。

 

 

特別養子

特別養子とは、「6歳未満」であり、生みの親と法的に身分関係がなくなる等の要件を満たして、

家庭裁判所で手続きを行った者です。
通常の養子では、「日本人の配偶者等」のビザは取得することができません。

最新のニュース&コラム
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
国籍について
ビジネスの往来・徐々に拡大 *日韓再開
外国人に対する日本語教育
日本の大学は国際化するか?~求められる多様性の確保~
防災・医療現場でやさしい日本語
日本語の学習:支援アプリ配信~立命館アジア太平洋大学~
●★ アシスト国際事業協同組合:設立 ★●
特定技能取得へ、在日外国人を支援の動き
在留資格持つ外国人:再入国制限・9月から全面緩和
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(13)
特定技能(10)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(11)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(31)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(12)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)