「日本人の配偶者等」ビザの内容

国際結婚ビザ

国際結婚をして、相手の外国人(配偶者)と日本で一緒に暮らす場合は、

日本人の配偶者等」の在留資格(ビザ)を取得する必要があります。
このビザは、名称の最後に「等」が付いているので、

「配偶者」以外の「子や養子(特別養子)」も対象になります。

 

 

日本人の配偶者

配偶者とは、有効に(正式に)婚姻している者で、内縁関係は含まれません。
また、許可を受ける段階で、婚姻状態が続いていることが必要で、

離婚や死別をしている場合は含みません。
以前から偽装結婚による申請が多くあるため、入国管理局は、

夫婦生活の実体に関して慎重に審査を行っています。
そのため、同居していることは、審査で重要視されます。
週末婚」や「通い婚」は当然疑われますし、正当な理由と思われる「単身赴任で離れて

住んでいる」こともきちんとした理由の説明がなされないと不許可になる可能性があります。

 

 

日本人の子として出生した者

日本人の子供であればよいので、結婚していない日本人との間に生まれた子でも、

日本人が認知していれば、「日本人の配偶者等」のビザをとることができます。

 

 

特別養子

特別養子とは、「6歳未満」であり、生みの親と法的に身分関係がなくなる等の要件を満たして、

家庭裁判所で手続きを行った者です。
通常の養子では、「日本人の配偶者等」のビザは取得することができません。

最新のニュース&コラム
海外との往来の再開は?
日本の大学卒の外国人の活躍が広がる ~「特定活動46号」~
生活に困っている外国人の支援
外国人材の受入状況 ★中小企業白書から
高度外国人材の獲得
外国人労働者はどの国に行くのか?
コロナウィルスの人材送出し国の影響
「特定技能試験」全国で再開
日本語学校経営ピンチ
特定技能の業種追加の動き:コンビニ・トラック・廃棄物処理業界
カテゴリ
留学生(5)
入管白書から(10)
代表者ブログ(13)
特定技能(8)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(13)
技能実習(11)
お知らせ(25)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(30)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(12)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)