永住者ビザを取りたいと思っている方、日本を離れる時は注意!!

永住申請

将来、「永住者ビザ」を取りたいと考えている方は、日本を離れるときは注意して下さい。
特に、「海外出張が多いビジネスマン」「出産や親の介護で母国に一時帰国する方」。

 

永住許可を得るには、原則、10年以上日本に滞在している必要があります。
 *日本人の配偶者永住者の配偶者定住者は、この期間が緩和されています

次の場合は、これまでの滞在期間がリセットされる可能性が高いです。
① 1回当りの出国が90日(3ヶ月目安)を超える場合
② 1回当りの出国が90日未満であるが、

  年間で合計して、180日(半年目安)を超えている場合

 

入国管理局では、各個人の入出国状況のデータを持っていますので、ごまかすことはできません。

 

次のような言い訳を言っても許可はされませんので注意して下さい。
会社命令の出張だったので、私の責任ではありません
 *出張期間については会社とよく相談して下さい
・就労ビザは切れていないし、3ヶ月以上日本にいなかったですが、

 アパートの家賃や光熱費はきちんと払っていました。
・出産で帰国したのですが、出産後に父の具合が悪くなったので看病していました

 

私たちは、将来、永住を希望される方が、確実に・最短期間で取得できるための

アシストも行いますので、ご気軽にお問合せ下さい。

永住者ビザを取るためには、日頃の準備が必要です。

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)