技能ビザ(コックさん!!)

就労ビザ申請

こんにちは、福岡外国人ビザ申請アシストセンターの小金丸です!

 

今日は、技能ビザの中でも特に多いコックビザについて。

 

韓国料理や、タイ、インド料理など外国人のコックさんが、母国特有の料理を調理して就労する為の在留資格です。

ですから、タイの方が、中華料理店で働いたり、日本料理店や、居酒屋チェーン店で調理師として働くための資格ではありません。

 

このコックビザですが、資格取得要件として、10年以上の実務経験(その料理の専門学校などで学んだ期間も含めることができます)が必要です。

 

以前は入国管理局の調査がそれほど厳しくなかったようで、コックビザで来日しているのに、転職して工場で単純労働についていたなどの違法就労が散見されていました。

他にも、人材紹介(ブローカーと呼ばれる方たち)が、在職証明を偽造して発行手数料を取ったり、日本の受け入れ企業も受入れ料金を取ったりという問題も顕在化し、入国管理局は必ず裏付けを調査するようになっています!

上記の場合、転職した外国人は不法就労、転職先の事業主も不法就労助長罪になるので注意しないといけませんね。

 

※事業主の方、ご一読ください!入国管理局の不法就労防止リーフレットです→不法就労防止リーフレット

 

外国からコックさん、調理師さんを呼び寄せたい!雇用したい!

事業主の皆様、是非、福岡外国人ビザ申請アシストセンターへご相談を!!

 

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)