留学生を新卒採用したい!

就労ビザ申請

 

こんにちは福岡外国人ビザ申請アシストセンターの小金丸です。

 

近年、外国人留学生の人数が右肩上がり、福岡県では特に中国籍の方が多いようです。

 

福岡外国人ビザ申請アシストセンターでも、留学生を採用したいといったご相談はよくあります。

 

 

 

日本では、大学の卒業が3月で、4月から就職というのが相場です。当然、入国管理局は混雑します。

前年の4月に在留資格を取得した外国人が翌年、3年後、5年後と同時期に更新手続きを行うので尚更ですね。

ですから、入国管理局は、4月入社の外国人留学生については、前年の12月1日から申請が可能としています。

 

早目に申請しておいて、大学の卒業証書(3月)が出た時点で、すぐに提出して4月1日採用に備えましょう!

 

 

他には、外国人留学生が、就労ビザを取得するには、日本の企業から内定をもらっている事が条件となります。

事業主側が準備する書類もあるのですが、申請は採用する事業主が入管へ行っても、申請を受け付けてもらえません。

 

申請の方法は

 

①留学生本人が書類を準備して入管に行く。

②入国管理局申請取次行政書士を持った行政書士に、書類の作成と申請を依頼する。

 

この二種類です。

 

留学生本人に書類を作成させ申請させる場合、何度もやり直ししても、許可が下りず働けない期間が発生したり、そもそも申請する在留資格要件を満たしていなかったりして、採用に至らないケースも多く見られます。

 

福岡外国人ビザ申請アシストセンターには、入国管理局申請取次行政書士が在籍していますので、内定を出す前から、資格適合や、採用計画の相談をすることができます!

 

私たちをぜひ、ご活用ください!

 

           ↓福岡県の外国人留学生推移(福岡市調査)

 

最新のニュース&コラム
入管白書(2020ー2)~就労に関する在留外国人~
2020年のホームページ投稿記事・ベスト10
2021年 新年のご挨拶
入管白書(2020ー1)~在留外国人数とその内訳~
外国人技能実習・人権侵害は企業のリスクに
新型コロナウィルス感染症対策ポスター
建設業・人手不足の足音~建設業の外国人労働者~
外国人留学生をアルバイトとして使っている会社へ~資格外活動の取り締まりが厳しくなっています~
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
カテゴリ
留学生(7)
入管白書から(12)
代表者ブログ(16)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(15)
お知らせ(32)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)