日本人と同等額以上の報酬とは?

就労ビザ申請

就労ビザの要件にある「日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬」とは?

 

「技術・人文知識・国際業務」「投資・経営」「企業内転勤」「医療」「研究」「教育」「技能」などの就労ビザの取得要件の一つに「報酬額」に関する規定があります。

 

はたして「日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬」とは、どのくらいの額を指すのでしょうか?

 

同等額以上の報酬

 

企業の業態や採用理由・状況により様々です。

 

例えば、新卒で採用した場合、それは日本人の新卒社員と同等程度の待遇が目安となります。また、中途採用した場合、その採用した外国人の職歴と能力に見合った報酬額にする必要があります。

 

もちろん、採用地や職種、学歴等によりその報酬額は上下するでしょう。その報酬額の決定権は採用する企業側にあります。

 

もし、参考に出来る数字をあげるとすれば・・・

「興業」ビザの要件の中に「月額20万円以上の報酬支払う義務を負うことが明示されているものに限る。」というものがあります。これを一応の目安にすることはできます。(あくまで目安です!)

 

様々な要件を考慮しながら、お互いに納得のできるのような報酬額にするよう努力が必要です。

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)