日本人の配偶者ビザの更新

国際結婚ビザ

外国人が日本人と国際結婚をして、「日本人の配偶者等」の在留資格を取得しても、日本人の配偶者ビザには有効期限があり、期限が切れる前までに更新手続きをする必要があります。

 

更新時のポイント

更新時には、主に婚姻生活の状況、生活の安定性、規則を守っているかが問題になります。

婚姻生活の状況

 ・夫婦が同居していること

  *別居している場合はきちんとした理由書を出す必要があります

生活の安定性

 ・夫婦のどちらかに定職があること

 ・生活を維持できる収入があること

  *両方とも定職を持たない場合は、親類からの援助でも可能であるが、きちんとした理由書を提出する必要があります

規則を守っているか

 ・税金をきちんと納入していること

 ・国民健康保険、国民年金をきちんと納入していること

 

永住や帰化への切り替え

日本人の配偶者の場合、早い段階(要件を満たした段階)で「永住許可申請」や「帰化申請」を行うことをお勧めします。

永住ビザや帰化を得るにはそれなりの要件が必要で、その要件を満たすには、さまざまな注意が必要です。

当センターでは、配偶者ビザを取得した段階で、永住や帰化の将来設計についてアドバイスすることが可能です。

少しのことで、永住者申請や帰化申請を行えなくなりますので、お問合せ願います。

 

最新のニュース&コラム
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
国籍について
ビジネスの往来・徐々に拡大 *日韓再開
外国人に対する日本語教育
日本の大学は国際化するか?~求められる多様性の確保~
防災・医療現場でやさしい日本語
日本語の学習:支援アプリ配信~立命館アジア太平洋大学~
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(13)
特定技能(10)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(11)
お知らせ(31)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(12)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)