みなし再入国許可、便利だけどコレだけは気を付けよう!

その他

みなし再入国許可とは?

『みなし再入国許可』とは、平成24年7月9日から実施された新しい在留管理制度です。

今までは在留資格を有していた外国人の方がその在留資格の期限の間に日本から本国に一時帰国などをする際、その出国期間に関係なく再入国許可を受ける必要がありました。

 

『みなし再入国許可』の制度が導入され、有効な在留資格を有する外国人の方が出国後1年以内に再入国する場合には、原則として再入国許可を受ける必要はなくなりました

 

つまり、ちょっとした一時帰国の際にいちいち役所に手続する必要がなくなった訳です。

 

ただし、この『みなし再入国許可』にはいくつかの注意点があります。

 

みなし再入国許可の注意点

 

みなし再入国許可で許されるのは1年以内!

 

出国後1年以内に再入国する場合にのみ、みなし再入国許可は認められます。

この点は注意が必要でほんの数か月程度の出だったにもかかわらず、例えば、妊娠・出産や家庭の事情などで出国期間が長引き期間を過ぎてしまったケースをよく耳にします。

この場合、持っていた在留資格は効力を失うので再度、在留資格を取りなおす必要が出てきます。

 

そして、みなし再入国許可で気を付けて欲しい点がもうひとつあります。

 

みなし再入国の期間は、海外で延長できない!

再入国許可の場合は、海外での病気その他相当の理由がある場合には、その国にある日本の在外公館に出頭して再入国許可の延長の申請をすることは可能です。

 

ただ、みなし再入国許可の場合は海外で期間の延長をすることは出来ません

 

そのため、上記で紹介したようなケースが考慮される場合には、ある程度の事態を想定して事前に再入国許可を取っておくことをお勧めします。

最新のニュース&コラム
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
新年度に向けた外国人材活用に関する動き(2)
入管白書(2021ー8)~外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策~
外国人留学生・コロナの影響で減少が顕著
入管白書(2021ー7)~身分系の在留外国人の国別内訳~
新年度に向けた外国人材活用に関する動き(1)
入管白書(2021ー6)~留学生の就労状況~
入管白書(2021ー5)~在留資格「特定技能」の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(20)
特定技能(20)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(17)
お知らせ(40)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)