結婚した場合の在留資格変更手続き

国際結婚ビザ

既に「留学生」や「就労系のビザ」を持っている外国人が日本人と結婚した場合、速やかに「日本人の配偶者等」への在留資格の変更をお勧めします。

「日本人の配偶者等」を取得すると、就労制限がなくなったり、永住者申請や帰化申請の要件のハードルが下がるなどの利点があります。

 

就労ビザからの変更

就労ビザから「日本人の配偶者等」へ変更することのメリットを示します。

就労上の制限がなくなる(就労ビザは決められた仕事しかできない)

仕事を辞めてもビザが取り消されない

転職しても入国管理局への手続きがいらない

永住者への許可要件のハードルが下がる *日本の滞在期間の短縮

帰化申請の条件のハードルが下がる *日本の滞在期間の短縮

会社設立の手続きが簡単になる(経営管理ビザが不要)

上記のようにメリットが多いので、速やかな変更をお勧めします。

 

留学生ビザからの変更

留学生の状態で結婚した場合、卒業を待って「日本人の配偶者等」を申請する場合と退学して申請する場合とで許可の難易度が違います。

退学して申請する場合は、「なぜ退学したのか?」という点を問われます。

「成績不振」「学費の面」「勉強したくない」などの理由の場合、偽装結婚を疑われる可能性があります。

そのため、学校の成績証明書や退学証明書などの書類の提出を要求されます。

 

国際結婚を考えている場合既に結婚した場合の手続きについては、早い段階でお問合せ頂ければ計画的に進められるようにアシストさせて頂きます。

 

 

最新のニュース&コラム
留学生の起業を支援:在留資格「特定活動」新設
アシスト国際事業協同組合:外国人技能実習「監理団体」許可
「特定技能」制度の進捗状況(2020年9月末時点)
(株)ビザアシストの3年目の重点取組み
国が特定技能の普及に「マッチングイベント」
爆買される日本の領土:土地取得・外資に規制検討
外国人材の就労状況:専門性×定着性で見る
日中ビジネス往来再開へ・技能実習生及び特定技能の来日も再開
外国人雇用はルールを守って適正に
在留資格「技術・人文知識・国際業務」での会社の区分
カテゴリ
留学生(6)
入管白書から(10)
代表者ブログ(15)
特定技能(12)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(18)
技能実習(13)
お知らせ(30)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(33)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)