国際結婚ビザ

「配偶者ビザ」とは? 

海外に住んでいる外国人が日本人と国際結婚すれば自動的に日本で暮らせると思っていませんか?

実は、それは大きな誤解です!

 

なぜなら、国際結婚の手続きと、外国人配偶者が日本で暮らすためのビザ「配偶者ビザ」の取得手続きは全くの別物だからです。

しかも、正式に結婚できたからといって、必ずしも「配偶者ビザ」がもらえるとは限りません。

 

近年、偽装結婚が増えているため、「配偶者ビザ」を取得するための入国管理局の審査も厳しくなっているためです。
従って、外国人配偶者と日本で一緒に暮らしたいと考えた場合、しっかりとしたビザ取得のための知識と準備が必要となります。

私たちが、確実に「配偶者ビザ」を取得できるようにアシストします。

 

 

「配偶者ビザ」のメリット

  1. 他の多くのビザでは就労活動が制限され、単純労働などを行うことはできませんが、
    「配偶者ビザ」では制限がありません
  2. 将来、「永住者ビザ」への切り替えや「日本への帰化」の許可が受けやすくなります。

 

 

「配偶者ビザ」取得の要件(条件)

  1. 日本と配偶者の母国の両国で正式に婚姻手続を行っていることが必要です。
  2. 実際に同居して協力・扶助しているなど、社会通念上の夫婦共同生活
    営んでいることが必要です。
  3. 住民税などの税金をきちんと納めていることが必要です。
    *税金の未納がある場合は、申請前に未納分をまとめて納税すれば大丈夫です。

 

 

「配偶者ビザ」の申請が不許可になりやすいケース

  1. 夫婦の年齢差が大きい場合
  2. 結婚紹介所のお見合いによる結婚の場合
  3. 出会い系サイトで知り合って結婚した場合
  4. 日本人配偶者の収入が低い場合
  5. 日本人配偶者が過去に外国人との結婚離婚を繰り返している場合
  6. 出会いが外国人パブなどの水商売のお店の場合
  7. 交際期間がかなり短い場合
  8. 交際を証明できる写真をほとんど撮っていない場合

 

*これらの場合でも、正式な結婚であれば、許可が得られる可能性がありますので、
 私たちにご相談下さい。

 

 

 

関連記事

最新のニュース&コラム
在留資格を有する外国人の再入国について
外国人在留支援センターの開設
外国人増加率:九州・沖縄高い伸び
海外との往来の再開は?
日本の大学卒の外国人の活躍が広がる ~「特定活動46号」~
生活に困っている外国人の支援
外国人材の受入状況 ★中小企業白書から
高度外国人材の獲得
外国人労働者はどの国に行くのか?
コロナウィルスの人材送出し国の影響
カテゴリ
留学生(5)
入管白書から(10)
代表者ブログ(12)
特定技能(8)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(14)
技能実習(11)
お知らせ(28)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(30)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(12)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)