帰化申請

帰化申請について 

帰化とは? 

現在の国籍を代えて日本国籍を取得することです。
 ・在日韓国人・朝鮮人(特に日本で生まれ育った方)
 ・日本人と結婚した外国人
 ・日本で就労している外国人
年間、1万人以上が申請をして、日本国籍を取得しています。
※ 永住者ビザは、国籍は変えずに、日本に住み続けることができるものです。

 

 

帰化の申請手続き?

帰化の申請は、「日本人の配偶者等ビザ」「就労関係のビザ」「永住者ビザ」などと異なり、入国管理局ではなく、住所がある「法務局」に行います。

入国管理局に行う申請は、「申請取次の資格がある行政書士」が代わりに行えますが、帰化申請は本人しかできません

多くの書類をきちんと準備をしなければならないので、私たちにお任せください

 

 

帰化できる要件(条件)は?

誰でも簡単に帰化できるわけではなく、日本にある程度住んでいて、今後も日本に住み続けることができる方に限られます。

次に要件を示しますが、「在日韓国人・朝鮮人の方」や「日本人と結婚された方」は、要件が緩くなっています。

 

  1. 住居要件:引き続き5年以上日本に住所を有すること
    *「引き続き」は、日本にいることの継続性が必要で、海外赴任や親の介護などで、3ヶ月以上連続して外国に行っていた場合などは、当てはまらなくなります。
  2. 能力要件20歳以上であること
    *ただし、未成年の子が両親と一緒に帰化申請の場合は20歳未満でも可能です
  3. 素行要件:まじめであるかどうかです
    「税金や年金をきちんと払っているか」、「交通違反は多くしていないか」などです
  4. 生計要件日本で暮らしていける収入があるかどうかです
    *家族がいる場合は、個人の収入だけでなく、家族全体で収入があればよいです
  5. 喪失要件:母国の国籍を失うことができるかです
    *日本は二重国籍を認めていません
  6. 思想要件:テロリストや暴力団の組員などは認められません
  7. 日本語能力要件日本語能力試験で3級程度(小学校低学年以上)の能力
    *審査官との相談や面接の際に日本語能力が足りないと思われた場合に試験を受けることがあります

 

 

 

関連記事

最新のニュース&コラム
外国人留学生の状況(1)人数・内訳
外国人との「共生の文化」の構築を
入管白書(2019ー6)~留学生の就労状況~
「在留資格」に関する「新型コロナウィルス」の影響(3月11日更新)
入管白書(2019ー5)~在留資格「特定技能」の創設~
「特定技能」制度の進捗状況(2019年12月末時点)
当社の「特定技能」制度の取り組み
外国人技能実習制度 2号移行対象職種に追加
中小企業支援の専門家の皆様:人手不足解消に外国人材を検討しませんか?
当社の「技能実習」に関する取り組み
カテゴリ
留学生(1)
入管白書から(6)
代表者ブログ(5)
特定技能(6)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(11)
技能実習(11)
お知らせ(21)
国際結婚ビザ(5)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(2)
就労ビザ申請(30)
高度専門職制度(5)
外国人の起業(11)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)

Translate »