定住者ビザ

定住者ビザについて

「定住者」とは

在留資格「定住者」とは、法務大臣が個々の外国人について特別な理由を考慮して一定の在留期間を指定して居住を認める在留資格です。

 

「定住者」は国内に滞在する外国人が身分上の変更に伴い取得する場合と、法務大臣が予め定めた難民や日系人などの地位に該当する外国人が海外から入国する場合の2通りに分けられます。

 

例えば、「日本人の配偶者等」の在留資格を持つ人が配偶者との死別のために「定住者」を取得するケースが考えられます。

 

具体的なケース

  • いわゆる日系2世及び3世
  • 日本人の子として出生し「日本人の配偶者等」の在留資格を有する者の配偶者
  • 1年以上の在留期間を指定されている「定住者」の配偶者
  • 1年以上の在留期間を指定されている「定住者」の扶養を受けて生活する未成年かつ未婚の実子
  • いわゆる中国残留邦人等とその親族

 

なお、外国人が「定住者」として日本に入国するには、法務大臣が定める法務省告示に該当する場合にだけ認められます。

 

 

「定住者」ビザのメリット

在留資格「定住者」のメリットは、永住者と同じように職種に関係なく就労することができる点にありますが、永住者と違い在留期限の更新は行わなければなりません。

 

 

申請のポイント

在留資格「定住者」には、実に様々なケースが考えられ、それぞれの状況に応じて資料を提出する必要があります。

「定住者」ビザというのは、もともと曖昧さのある入管法上の在留資格の中でも最も曖昧なビザと言えます。

まず、どのケースに該当するのかを明確にすることが重要になります。

 

 

 

関連記事

最新のニュース&コラム
北九州市主催の「外国人材相談会」に参加します
特定技能人材の就労先を探しています
外国人との共生社会の実現
難民認定者は少ないが「人道配慮」による在留許可者は増加
「特定技能」制度の進捗状況(2022年6月末時点)
技能実習制度の見直し検討
技能実習生の雇い入れ企業の違法行為が減らない
入管白書(2021ー10*最終)~不法就労等の状況~
「特定技能」制度の進捗状況(2022年3月末時点)
入管白書(2021ー9)~不法残留者等の状況~
カテゴリ
留学生(16)
入管白書から(30)
代表者ブログ(22)
特定技能(19)
問合せ一覧(2)
外国人関連の新聞記事(19)
技能実習(19)
お知らせ(41)
国際結婚ビザ(6)
定住者ビザ(1)
家族滞在ビザ(4)
就労ビザ申請(38)
高度専門職制度(6)
外国人の起業(13)
永住申請(4)
帰化申請(6)
その他(9)